令和4年1月施行 改正電子帳簿保存法 ~改正法5つのポイントと経理部門での必要な対応~

請求書・領収書や帳簿の「電子保存」について定めている「電子帳簿保存法」が、令和4年(2022年)1月より大きく変わります。メールなどの「電子取引」で授受したデータは電子保存が義務化され、紙に出力しての保存ができなくなるため、注意が必要です。

本資料では、今回の改正法で押さえておくべきポイントや、経理部門で必要となる対応についてご紹介いたします。改正電帳法が施行される前に、しっかりと準備をしておきましょう!

ダウンロード

資料イメージ

令和4年施行_改正電帳法_サンプル.png

 

フォームにご記入のうえ資料をダウンロードしてください。