FB(ファームバンキング)とは?安全で便利な金融機関とのデータ伝送システム!

FB(ファームバンキング)という言葉を聞いたことがあるでしょうか? ファームバンキングは、企業が金融機関を利用するうえで大変便利なデータ伝送システムのことを指します。
今回は、ファームバンキング(以下FBと省略)について詳しく解説しましょう。

FBとは?

FBとは、銀行と企業を通信回線で結び、その回線を通じて振り込みや引き落としなどが行えるサービスのことです。いわば、企業版ホームバンキングで、企業のなかで会計処理が行える便利なサービスなのです。通信技術が発達した現代だからこそ可能な銀行の形です。

インターネットバンキングとの違い

インターネットバンキングは既存のインターネット網を使用したサービスで、専用のソフトウェアなどは不要ですが、FBでは通常、専用のソフトウェアが必要です。
実はFBは、インターネットが普及する前に登場したサービスです。そのため、FBのデータ通信は、電話回線を使用することもあります。

FBのメリットとデメリット

FBは便利なサービスですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。それでは、FBのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

メリット1. 銀行へ行く必要がない

FBの最大のメリットは、「日常的な会計処理なら銀行へ行かなくても済む」ところでしょう。企業とお金は切り離せないものであり、どのような企業でも何らかの銀行を利用しているものです。
頻繁に発生する「振り込み」や「引き落とし」をする度に銀行へ足を運ぶのは大変です。しかし、FBを利用していれば、わざわざ銀行へ赴く必要がありません。担当者の労務軽減になるだけでなく、時間の短縮は企業全体のコストカットに繋がります。

メリット2. 処理が早い

銀行内では、振り込みなどのお金を動かす手続きはほとんどシステム化されています。したがって、紙ベースでの振り込み依頼などは、結局はそれを元にコンピュータへ入力しなければならないため、処理に時間がかかります。その点、直接コンピュータを通じて依頼があるFBでは、このような手間が省けるため、スムーズな処理が可能です。残高もすぐに確認できるうえ、緊急を要する振り込み依頼などにも柔軟に対応できるのです。

メリット3. セキュリティが高い

インターネットバンキングでは、不正アクセスなど情報漏えいが心配です。しかし、電話回線を利用したFBでは、導入端末をインターネットから切り離せばこのような心配は不要です。したがって、インターネットバンキングに比べてセキュリティは高くなります。

デメリットは導入コスト

さまざまなメリットのあるFBですが、デメリットも存在します。FB最大のデメリットといえるのが、やはり導入コストです。FBは各銀行が独自で行っているサービスであるため、実際にいくら必要になるかは契約により異なります。

FBを利用するには?

FBの利用方法は銀行により手順が異なる場合がありますが、一般的な利用手順をご紹介しましょう。

  1. 銀行にFBの申し込み
  2. ソフトのインストール
  3. テスト
  4. サービス開始

まず、FBの利用には銀行との契約が必要です。企業の場合、すでに利用している銀行が存在するため、その銀行でFBのサービスを行っているか問い合わせてみると良いでしょう。
サービスを行っている場合は、サービス内容や料金についての説明があるため、銀行の案内にしたがって申し込み手続きを進めます。その後は、専用ソフトのインストールを行い、必要であれば通信環境の整備も行われます。最後にテストとしてデータ伝送試験を行い、問題が無いかどうかを確認し、特に問題がなければ導入は完了です。

FBは経理の強い味方!

FBを導入すれば、銀行とのやりとりが大変スムーズになるため、経理の仕事が今に比べると楽になるでしょう。経理業務が大変で困っているという企業には、大変魅力的なサービスです。また、FBはセキュリティ面で安心であるため、情報漏えいが怖くてなかなかIT化に踏み込めないという企業にもおすすめできます。
FBが気になった方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの業務効率化ツール

社内業務の効率化には、「経費精算システム」や「ワークフローシステム」がおすすめです。特にスマートフォン対応のシステムは外出先からの作業が可能になるので、人気が高まっています。

▶スマートフォン対応 クラウド型の経費精算システムとは

▶スマートフォン対応 クラウド型のワークフローシステムとは