企業におけるCFOとは?CFOに必要な能力と目指す人のキャリアプラン

企業における「CFO」とは、どのような人物を指すのでしょうか。一般的にはあまりなじみのない言葉であるため、意外と知らない方も多いかもしれません。
今回は、CFOとは何かを解説し、CFOに求められる能力やCFOを目指すために役立つ情報を提供します。

CFOとは?

CFO(Chief Financial Officer)とは、「最高財務責任者」のことです。つまり「企業の財務に関する業務を統括する者」ということです。日本では「財経本部長」が似たポジションとなりますが、CFOの業務は、財務戦略や投資戦略の立案と遂行やキャッシュフローの管理、ファイナンスの実施など、財務にとどまらず経営に関する意思決定を行います。

CFOに求められる能力

企業のなかでも重要な役割を担うCFO。次は、そのCFOに求められる能力について解説します。

財務や経理についての深い知識

財務を統括する責任者であるため、当然のことながら財務に関する深い知識を持ち合わせていなければ務まりません。実際に海外のCFOは、半数以上の人が会計士の資格を持っているようです。
会計や税制、ファイナンスやデータ、リスクマネジメントなど財務に関するさまざまな知識が求められるでしょう。

会社全体を見渡す経営者としての視点

CFOは企業における経営幹部の一員です。会社の経営戦略を立てることもあれば、重要なプロジェクトのリーダーとして経営判断を行うこともあります。その際、経営者として会社全体を俯瞰し、会社の将来を見据えた視点が必要になります。

専門的な内容をわかりやすく伝える能力

CFOによって練られた経営戦略にもとづいて実際に行動するのは、現場の従業員一人ひとりです。つまり、ほかの経営幹部はもちろん、専門知識を持たない人々にもその戦略をしっかり伝えなければいけません。そのため、高いコミュニケーション力に加えて、「わかりやすく伝える能力」が必要となります。

ベンチャー企業のCFOを目指すために

それでは、実際にCFOになるためにはどうすればよいのでしょうか。理想像として「大企業のCFO」をイメージする方も多いと思いますが、こちらはとても狭き門のため現実的ではありません。一方、ベンチャー企業のCFOであれば求人ニーズもあり、CFOを目指す人にとっては現実的です。したがって、ここでは「ベンチャー企業のCFO」を目指すためのキャリアプランを解説します。

知識と経験を蓄える

まずは、CFOに必要だと思われる知識を蓄えましょう。財務や経理に関する資格を取得すれば、知識があることを証明できます。また、業務経験も武器になります。業務内容に融通が利くのであれば、財務や経理に関連する仕事を選ぶといいですね。

創業して間もないベンチャー企業を手伝う

ある程度のベースができあがったら、CFOの業務に近い経験を積んでいきます。そのために有効なのが、「ベンチャー企業の手伝い」という方法です。特に創業して間もないベンチャー企業は、専門知識を持つ人材が不足しています。自身の専門知識を生かし、経理や財務についての相談や業務の手伝いを続けることが良い経験になります。

いきなり起業はせず、会社に所属しながら手伝う

会社を辞め、思いきって起業するのもひとつの方法です。しかしながら、いきなり起業をするのはリスクが高いためおすすめできません。ベンチャー企業の手伝いは会社に所属しながらでも可能です。起業をするのは、しっかりと経験を積んでからにしたほうがよいでしょう。

CFOに関する資格

次は、CFOに関する資格について解説します。紹介するのは、「一般社団法人日本CFO協会(JACFO)」が実施するCFO資格。グレードとジャンルによって4種類存在します。CFOを目指す人には、こちらの資格取得がおすすめです。

スタンダードCFO

こちらは「FASS検定」でレベルAを取得した人が認定を受けることができます。FASS検定は、経理や財務に関する能力をはかる試験です。

プロフェッショナルCFO

こちらは「プロフェッショナルCFO資格試験」に合格すれば認定を受けることが可能です。スタンダードCFOを取得した後は、こちらを目指してみてください。

グローバルCFO

こちらの認定を受けるには「米国CTP」「米国CPA」「米国CMA」に合格しなければなりません。グローバル企業のCFOを目指すならこちらがおすすめです。

ジェネラルCFO

こちらは「日本CFO協会」が認める経営財務分野の大学院課程を修了することで認定を受けられます。

何が必要かを考えたキャリアプランを

「CFOを目指したい」と考える方は、CFOに求められる能力を理解し、どのような経験を積むとよいのかを常に意識しておきましょう。そのうえでキャリアプランを立て、進むべき道を選択していくことが重要です。

おすすめの業務効率化ツール

社内業務の効率化には、「経費精算システム」や「ワークフローシステム」がおすすめです。特にスマートフォン対応のシステムは外出先からの作業が可能になるので、人気が高まっています。